損益分岐点の考え方

事業によっては売上げがどれだけ伸びても利益につながらないこともあります。なぜなら、仕入れコストや人件費、広告宣伝費などの様々な費用がかかってくるからです。利益につなげるためには利益を経費よりも大きくならなければなりません。一般的には、経費は固定費と変動費に分けられます。変動費については、それを価格に織り込むのが普通です。
固定費は売り上げ個数にかかわらずかかってきますから、これが利益を圧迫することになります。売った価格と変動費の差が一つ当たりの利益になるわけですが、これによって固定費を補わなければなりません。
全体的に見れば、売上金額>経費となるようにしなければならなりません。売上金額<経費となると利益ができないことになります。この境目の部分、つまり売上金額=経費となる部分が損益分岐点です。これを計算して売上数量を計算すれば、何個以上売らなければならないのかが分かります。過去の売上げ個数などを参考にすれば、利益につなげることができるのかどうかを知ることができます。分岐点を超えないような場合には経営が苦しくなりますが、一度超えてしまうとそこからは売れば売っただけ利益が拡大しますから、この点は非常に大事なポイントなのです。

Comments are closed.