外貨預金の為替手数料にご注意!

最近になって円安トレンドが続いていますから、日本円で保有するのではなくて開花として保有しようと考える人は増えているようです。これだけでも円安リスクを抑える事ができますから、長期的な資産形成や為替リスクのヘッジには適していると言えるでしょう。しかし、外貨に両替をするときには手数料がかかります。この手数料のことを為替手数料と呼びます。
実際にはどれくらいの金額を支払わなければならないのかというと、これは金融機関によって異なりますが、たいていは両替する金額に比例することになります。例えば、ドルに両替をするときには1ドル当たり1円の手数料がかかるというように、1ドル当たりで計算することが多いです。
その水準についてですが、1ドル当たり1円というのは、少し前まではそれほど高い水準ではなくて普通だったのですが、最近ではネット銀行を初めとしてかなり安いサービスも登場しています。数十銭といったところが相場になってきています。
これだけの費用がかかるわけですが、高いと感じるかどうかはそれぞれの判断に寄ります。ただ、外貨預金は長期的に保有することが多いですから、例えば10年くらい保有したときのことを考えればあまり気にする必要はありません。注意しなければならないのは短期間しか保有しないときや、短期的に売買をする場合です。この場合には良く注意して金融機関を選びましょう。

Comments are closed.