外貨普通預金

外貨普通預金とは、外国通貨での期間の決まっていない預金ことで、
一般的な日本円による普通預金と似た性格をもつ金融商品になります。
この金融商品はいわゆる、円建てや外国通貨による定期預金などのような、満期になるか、解約するかでしか、
運用資金を引き出せない金融商品とは違い、いつでも自分の好きなタイミングで、
例えば、資金が必要だったり、為替レートが預入時よりも有利なときに、
引き出し、換金、が自由に出来る仕組みになっています。
その自由度のため、外貨定期預金などと比較すると、利息は低く設定されていますが、
利息よりも、積極的に為替差益を狙っていく商品になります。
この金融商品を利用する場合には、為替相場を見ながら、円の高い時に外貨への預入を行い、
円の安い時にそれを戻すという取引を効率よく行うことが重要になります。
ですので逆の取引を行うと、円の安い時に外貨への預入を行い、円の高い時にそれを戻した場合、
為替差損益が生じるため、元本割れとなる恐れもあります。
なお、近年では、預入や換金における為替手数料(スプレッド)が外貨預金よりも安い、
外国為替証拠金取引なども人気があり、様々な方法で外貨投資をする人が増えています。

Comments are closed.