外貨預金の種類

資産運用にも様々な種類がありますが、外貨預金もとても人気が高いものです。
日本では預金をしてもほとんど利息がつかないほどの低金利となっていますが、海外では国内に比べてかなり高金利のところもあり、関心を示す方も多いようです。
そして、外貨預金を始めるのであれば、その預金の種類についてもよく知っておく必要があります。
まず外貨普通預金があり、こちらの場合は円建ての場合とほぼ同じ扱いで出し入れ可能となっています。
営業時間外の取扱が出来ませんので、その点は理解しておく必要がらいます。
それから外貨定期預金もあります。
こちらはあらかじめ預金の期間が決まっており、原則としてその期間内には預金の解約には応じないということとなっています。
流動性にかけるものですので、貯蓄運用として利用される方が多くなっています。
そして通知預金という預金も存在します。
こちらは円の通知預金とよく似ており、外貨資金を短期間預ける場合に運用するタイプのものです。
特徴としては引き出しの2日前までに通知するということがあげられます。
据え置き期間は7日としているところと1ケ月としているところがあります。
最低預金金額は金融機関によって違い、解約時に一括して払い戻しが行われることとなります。

Comments are closed.